Solar System Solution

SEIWAの太陽光発電

再生可能エネルギー×投資

2012年7月、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始直後から産業用太陽光発電事業への投資は高い関心を集めています。100%再生可能なエネルギー資源である太陽の光で発電し安定的に収益を生み出すことが魅力です。全量買取ベースの産業用太陽光発電事業では、20年にわたり発電所を安定して稼働させることが大切です。そのために、私たちは高品質な発電所をつくり、長期的な協業パートナーとして運営をサポートすることが重要だと考えています。

高品質で安定した利回り

産業用太陽光発電事業では全量買取制度*を活用して20年間固定の買取単価で電力会社に売電し収入を得ます。一方で、買取単価は2020年代初頭の8.5円を目標に毎年減少傾向にあります。私たちは設計から調達、施工方法の見直しに取り組むことで、高品質でありながら今の単価でも高い利回りが確保できる商品をご提案いたします。

* 産業用太陽光発電事業では、主に住宅向けで買取期間が10年の余剰買取ではなく買取期間が20年の全量買取制度を利用します。

50kW未満太陽光のFIT買取単価の推移

太陽光発電50kW未満の買取単価の推移

エネルギーミックス実現

運転を開始したオーナー様の発電所が日本のエネルギー自給率と最エネ普及率の向上に貢献します。政府は長期エネルギー需給見通しと温室効果ガスの排出削減に向けたエネルギーミックス(電源構成)の将来目標を策定しています。再生可能エネルギーの普及はエネルギーミックスの実現と環境に優しく安全な社会を次世代に渡すことに貢献します。

エネルギーミックス(電源構成)2030年度将来目標

容易な運用管理

太陽の光を使って発電する太陽電池。適切に建設、管理された太陽光発電設備は晴天であれば100%再生可能な自然の恵みが自動的に収益をつくりだします。

容易な運用管理

遊休地の有効活用

耕作放棄地など荒れたままで放置された遊休地を整地し、しっかり手入れされた安全な土地として有効に活用します。地主様にとっても不動産価値の不利な土地を手放すチャンスとなるだけでなく草刈りなど人の手が入ることで周辺地域の安全にもつながります。

遊休地の有効活用

これからの太陽光発電事業は、より堅牢なシステムへ。30年稼働を目指して

産業用太陽光発電事業ではFIT買取期間の20年にわたり設備が安定して発電エネルギーを生産し続ける必要があります。それだけでなく今後はFIT買取期間終了後の売電、自家消費も見据えた25年、30年の長期運用に耐えうる堅牢なシステムが望まれます。そのため私たちは、30年稼働するシステムの開発をミッションとし、建設時から長期運用を見据えた工夫と責任を持った施工で業界をリードします。

自社対応だから早く、確実。

SEIWAの産業用太陽光発電

FIT黎明期から太陽光発電設備の建設に携わってきた弊社は、土地の開発から建設、完工後の運営・保守まですべて自社で手掛けています。いつでも迅速・丁寧な対応を心がけお客様に失敗させない確実なシステムを提供いたします。