産業用太陽光発電

30年後も動き続ける
システムを目指して

太陽光発電EPCのこだわり

太陽光発電事業は、システムが20年以上の長期にわたり継続して安定的に発電し続けることが大切です。そのために私たちは土地の選定から資材の調達、設計、施工、アフターメンテナンスにいたるまで。これまでに培ったノウハウを生かした技術と工夫でお客様の事業をトータルサポートいたします。

設計・施工
太陽光発電メンテナンス

設計・施工

つくるだけでは終わらない30年先を見据えた設計・施工思想

災害に強いシステム

スクリュー杭の引抜強度試験を必ず実施します。地質に応じて杭の長さやハネを調節し、台風などの災害リスクへの強さを数値で確認しています。

配線を整える

ずさんな配線による発火事故が報告されています。弊社ではこのような事故を防ぐため自社で培ったノウハウを生かした整線で発火防止に努めています。

周囲の安全にも配慮

フェンスは発電設備の防犯だけではなく、子どもの不用意な侵入による事故や周囲の景観を守る上でも耐久性のあるしっかりとした品質と施工が重要です。

配線を整える

設置する場所の一年を通じた太陽光の入射角や影の伸び、土地形状を考慮して、最も設備稼働率が良くなる角度やレイアウトを検討して設計します。

増し締め・マーキング

ボルトの締め忘れや緩みを防止するためトルクチェックマーキングを徹底。点検時に異常箇所を早期発見するためには施工時からの仕込みが重要です。

ケーブルを守る工夫

ケーブル劣化の原因となる紫外線や配管内への水の侵入を防ぐため、配管の口の処理や取り回しを工夫。細かな配慮で設備の長寿命化を図っています。

最新のメーカー選定

太陽光パネルやパワコンをはじめ取り扱う部材の最新情報を常に更新。価格や性能だけでなくそれらの組み合わせで最もバランスの良いシステムをご提案します。

竣工検査

お引渡し前の竣工検査も万全。発電量や電圧チェックを含めメーカー保証に適合するか、安全性に問題はないか確認して電力系統連系を行います。

施工保証

施工には万全を尽くしておりますが、万が一施工不良によりお客様設備による賠償責任が生じた場合を補償します。施工後も責任を持って対応します。