鹿児島の方必見|太陽光発電に投資した費用は回収できるのか?

鹿児島の方必見|太陽光発電に投資した費用は回収できるのか?

2020-02-06

「太陽光発電投資を検討している。」
「太陽光発電に投資した費用はどれくらいで回収できるのかな。」
太陽光発電投資を検討している方で、費用をどれくらいの時期で回収できるのかわからず困っている方はいらっしゃいませんか。
投資を考えているのであればどれくらいの期間で費用を回収できるのかあらかじめ知っておきたいですよね。
そこで今回は、太陽光発電に投資した費用をどれくらいの時期で回収できるか解説します。

 

□太陽光発電の設置にかかる費用

太陽光発電の費用は主に、設置容量、メーカー、設置環境によって変わります・

*設置容量

設置容量は、一般的にkWで表され、数値が大きいほど、費用がかかることは知っておきましょう。

*メーカー

太陽光発電には、いくつかメーカーがあります。
ブランド力があったり、人気があったりするメーカーになればなるほど基本的に多く費用がかかるようになることを知っておきましょう。

*設置環境

設置環境とは、太陽光発電をどこに設置するのかということです。
太陽光発電は屋根や広い土地に設置されることが多いので、設置する場所によって費用が変わります。

これらによって太陽光発電設置にかかる費用は変動しますが、一般的な相場は100万円から150万円くらいです。

 

□回収にかかる期間

太陽光発電投資をするなら、どれくらいの期間で費用を回収できるのか知っておきたいですよね。
一般的には、9年から11年で回収できると考えられています。

 

□太陽光発電を維持するためにかかる費用

太陽光発電は、初期費用だけではなく、維持費もかかることはご存知でしたか。

*電気代

太陽光発電には、電気代もかかります。
具体的には、発電していない夜の時間帯にパワーコンディショナーの待機電力がかかります。

*メンテナンス費用

点検や清掃にも、お金がかかります。
点検は、4年に1回くらい行うことが推奨されていることは知っておきましょう。
部品の交換が必要となるときもあり、別途お金がかかります。

*税金

太陽光発電の設備は、固定資産税の対象となります。

 

□まとめ

今回は、太陽光発電に投資した費用をどれくらいの時期で回収できるか解説しました。
太陽光発電投資を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社は、宮崎や鹿児島を中心に活動しており、太陽光発電を中心とした再生可能な持続可能で安全なエネルギー社会実現のために日々努めています。
何かわからないことや相談があれば、お気軽にご相談ください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。