鹿児島の専門家が解説!太陽光発電への投資に関する今後の予測は?

鹿児島の専門家が解説!太陽光発電への投資に関する今後の予測は?

2019-06-28

「太陽光発電の投資を考えているけど、今からでも遅くないかな?」

「太陽光発電の今後について知りたい」

このように、これから太陽光発電に投資して利回りの良い環境を手に入れようとしている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、太陽光発電に関する今後の予測はどうなるか知らないですよね。

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電に関する今後の予測について解説します。

太陽光発電の投資とは

太陽光発電は一定の条件を満たせば、誰でも発電した電気を電力会社に売ることができます。

この制度は「固定価格買取制度(FIT制度)」と呼ばれます。

政府の環境対策の一種で、発電した電気は一定の期間と価格で買い取ってもらうことができます。

しかし、この制度が今後も続くとは保証されていません。

そのため、太陽光発電の投資は慎重に検討する必要があります。

太陽光発電の今後

設備の向上で効率の良い発電に

現在の設備の性能は数年前に比べると格段に向上しています。

なぜなら、太陽光発電の需要が高まり、各メーカーの競争が激しくなったためです。

その結果、同じワット数でも効率の良い発電の実現が可能になったのです。

今後も、ますます需要が高まるので、性能は今以上に飛躍すると予想されます。

投資回収期間は変わらない

太陽光発電の投資は初期費用を何年で回収できるかを重要視します。

現在は、数年前と比べて発電した電気の買取単価が下落しています。

今後も、売電単価は下がるかもしれません。

それゆえ、投資回収期間は長くなってしまうのではないかと考えるのが自然です。

しかし、前述した通り、格段に設備の性能は向上しています。

さらに、太陽光発電にかかる初期費用は約10年前と比べて半分以下です。

そのため、投資回収期間はトータルで見るとさほど変わりません。

むしろ、今後有利になっていくと考えることもできます。

世界のエネルギー事情

現在、世界の中心的なエネルギーは石油や石炭といった化学燃料に頼っています。

しかし、近年では化石燃料の枯渇が危惧されています。

そのため、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーが注目されています。

再生可能エネルギーで使われる資源は枯渇する心配がないため、今後も需要の拡大が予想されます。

まとめ

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電に関する今後の予測について解説しました。

太陽光発電は世界のエネルギー事情から今後も規模が拡大されると予想されます。

そのため、今からでも太陽光発電への投資は遅くありません。

当社では、太陽光発電の投資に関するご相談を随時受け付けています。

太陽光アドバイザーがお客様の資産運用をしっかりとサポート致します。

ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。