鹿児島の専門家が解説!太陽光発電の投資にかかる初期費用とは?

鹿児島の専門家が解説!太陽光発電の投資にかかる初期費用とは?

2019-06-21

「太陽光発電への投資を考えているけど、初期費用はいくらかかるの?」

「太陽光発電の初期費用を抑えるポイントについて知りたい」

このように、これから太陽光発電への投資をして、利回りの良い環境を手に入れたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。

しかし、初期費用はどのくらいかかるのか知らないですよね。

また、初期費用を抑えるポイントも同時に知りたいと思います。

今回は、鹿児島の専門家が初期費用の相場と初期費用を抑えるポイントについて解説します。

初期費用の相場

まず、太陽光発電にかかる初期費用の相場についてご紹介します。

個人で太陽光発電を導入する場合は、50kW未満の発電設備を導入するのが一般的です。

しかし、50kW未満でも10kWと30kWでは費用が大きく異なります。

それゆえ、費用を検討するときは、1kWの単価で比べましょう。

だいたいの目安として、1kWごとの発電設備で約30万円程度です。

一方で、太陽光発電を導入するときにかかる基本料金は変わらないので、規模が大きいほど単価は抑えることができます。

また、設備だけでなく、広大な面積の設置場所の確保が必要です。

以上より、トータルの初期費用は数百万〜数千万円程度必要です。

初期費用を抑えるポイント

見積もりを複数出す

太陽光発電の設備の導入する際は、複数の業者に見積もりを出すことが大切です。

複数の見積もりを出すことで、プランの見直しができ、余計な部分を削ることができます。

また、業者によってプランの内容が違うので、比較材料としても活用しましょう。

自分で土地の購入を行なう

業者を通さずに自分で土地を購入すれば、費用を抑えることができます。

ただし、太陽光発電の知識をしっかり身につけておく必要があります。

場所を借りる

前述した通り、太陽光発電の設備の導入は広大な面積が必要です。

しかし、広大な面積の土地を自分で購入することはハードルが高いですよね。

そこで、土地を借りるという方法もあります。

近年では、広大な畑を所有している農家は後継者がいなくて困っている場合が多いです。

そのような人たちと交渉をしてみるのも良いかもしれません。

また、マンションやアパートを所有している人たちから建物の屋根を借りて太陽光発電を設置する方法もあります。

まとめ

今回は、鹿児島の専門家が初期費用の相場と初期費用を抑えるポイントについて解説しました。

当社では、太陽光発電に関するサポートを行なっています。

太陽光アドバイザーが太陽光発電の設備の導入から資金計画まで全面的にバックアップ致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。