鹿児島の専門家が太陽光発電への投資の前に施工事例の見方を伝授します!

鹿児島の専門家が太陽光発電への投資の前に施工事例の見方を伝授します!

2019-09-16

「太陽光発電の投資を考えているけど、施工事例の見方とは?」

「太陽光発電の施工事例を見るときに注意すべきことは?」

このように、太陽光発電への投資を考えている方が多くいらっしゃると思います。

施工事例を見れば、その業者が適切かどうかをある程度把握することができます。

しかし、どのような点に着目して施工事例を見れば良いか分からないですよね。

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電の施工事例の見方について解説します。

□施工事例は本当か

その業者が本当にその施工を手掛けたのかを確認しましょう。

施工会社の中には、悪徳業者が一定数存在します。

悪徳業者は手抜き工事やいい加減な工事を行なっている場合がほとんどです。

その事実を隠蔽するために、他の業者が行なった施工を自社の施工事例と偽って紹介している場合があります。

もし、悪徳業者に施工依頼した場合、太陽光発電の設備の維持は不可能です。

また、施工費用を支払ってしまうと、そのまま持ち逃げされてしまう可能性もあります。

対策として、その業者が紹介している施工物件を訪問して、物件の管理責任者を確認しましょう。

確認方法は、看板を見たり、その業者に直接詳細を訪ねてみたりするのが良いです。

□雑草

施工事例を見るときに雑草対策に着目しましょう。

雑草対策は太陽光発電に関係ないように見えますが、雑草によるほんの一部の影でも発電量が下がってしまうことがあります。

また、雑草が配線に絡まってしまうと、ケーブルがショートして火災が発生してしまうことがあります。

さらに、雑草がぶつかって太陽光パネルが破損してしまうこともあります。

事前に、その業者がどのような雑草対策をしているを確認しておきましょう。

□ケーブル

太陽光パネルとパワーコンディショナをつなぐケーブルはかなり重要です。

ケーブルの扱い方によってメンテナンス費用が大きく異なります。

万が一、ケーブルが破損してしまうと、メンテナンス費用は数百万円かかる場合が多いです。

メンテナンス費用によって投資回収期間を左右するので、事前にその業者がどのようなケーブルの扱いをしているかを確認しておきましょう。

具体的には、ケーブルにカバーが付いているかどうかやケーブルを埋め込む工事の有無を確認します。

□まとめ

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電の施工事例の見方について解説しました。

施工事例の見方を知っておくことで、失敗のリスクを減らすことができます。

当社では、太陽光発電に関するサポートを行なっています。

太陽光アドバイザーが施工から資産運用まで全面的にバックアップ致します。

ぜひ一度、当社までお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。