鹿児島で投資を検討中の方必見!太陽光発電投資の収入が事業所得になる場合とは?

鹿児島で投資を検討中の方必見!太陽光発電投資の収入が事業所得になる場合とは?

2020-04-13

太陽光発電投資を検討中の方の中には、発電によって得た所得はどのように捉えられるのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、どの種類の所得になるかや確定申告の申請についてご紹介します。

 

□所得には、10種類に分けられる

所得には、いくつか種類があります。
具体的に所得は、利息所得・配当所得・不動産所得・給与所得・退職所得・譲渡所得・退職所得・山林所得・一時所得・雑所得・事業所得に分けられるでしょう。
会社勤めの方が太陽光発電投資で得た収入は、事業所得か雑所得かのどちらかになります。
太陽光発電投資は一定の条件を満たされている場合、事業所得として確定申告が行えます。
それでは、次は事業所得について解説します。

 

□事業所得とは

先に、事業所得と雑所得にはどのような違いがあるのかをご紹介します。
そのあとで、太陽光発電で得られた所得を事業所得で、申告する一定条件を説明します。

事業所得とは、農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業そのほかの事業を営んでいる人の事業から生じる所得を指します。
雑所得とは、他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得を指します。
具体的には、公的年金等、非営業用貸付金の利子、著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料や放送謝金が該当するでしょう。

確定申告を、事業所得で申告すると以下のような制度を利用できます。
・他の所得と損益通算
・65万円または10万円の青色申告特別控除
・青色事業専従者給与
・純損失の繰り越しと繰り戻し
・30万円未満の少額減価償却資産を一括経費計上

また、2020年度(2021年に確定申告を行う分)より、青色申告特別控除額が3種類になり、55万円が加わります。
雑所得ではこれらの制度を利用できません。
そのため、事業所得で確定申告を行う、5つの制度が利用できることが魅力的と言えるでしょう。

しかし、個人で得た所得を全ての方が事業所得で申告ができるわけではありません。
副業で得られた所得は、ほとんど雑所得で申告することが一般的です。
事業所得で行うには4つのポイントが全て揃わなければなりません。

・継続された期間で、一定の安定した収入が得られているのか
・利益が出される可能性があるのか
・時間を費やされているのか
・職業として認識されているのか

税務署から4つのポイントの証明書類の提出を求められる場合があります。
そのため、証明書類は必ず保管しておくようにしましょう。

 

□太陽光発電投資を事業所得で申請するには?

以前、資源エネルギー庁がグリーン投資減税(平成30年3月31日終了)の説明を行う際、「出力50kw以上であれば無条件に事業所得に該当する」と発表しています。
また、50kw未満は「管理状況などから判断」と目安を示されています。
50kw以上であれば余剰売電に比べ、収入額も大きくなり、電気事業法の管理対象となる設備が整うため、事業と判断されるのでしょう。
しかし、事業所得か雑所得かの最終的な判断は、税務署に任せることをおすすめします。

 

□太陽光発電投資で経費とみなされるものは?

所得とは、売上から経費を引いたものです。確定申告において売上金額を知りたい場合は、太陽光発電でかかった経費も知る必要があるでしょう。
しかし、どのようなものを経費として計上したらいいのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。
経費として認められているのは、売電収入を得るためにかかった支出費用や発電設備の減価償却資産でしょう。
具体的には、以下の費用が経費に含まれます。

・設備の購入費
・入金の利息
・設備の修繕費や管理費用
・土地の賃貸料
・損害保険料
・固定資産税や償却資産税

売電や太陽光発電の管理にかかる経費を計上する場合、必ず領収書を保管が必要になります。
基本的に領収書の再発行はできませんので、紛失しないように注意しましょう。
保管方法などを徹底しておくことをおすすめします。

また、減価償却資産も経費として認められるでしょう。
国税庁の説明では減価償却資産とは、以下のようなものだとされています。
「事業などの業務のために用いられる建物、建物付属設備、機械装備、器具備品、車両運搬具など、一般的に時の経過等によってその価値が減っていく資産」

減価償却資産の購入金額は全額必要経費として計上しません。
減価償却資産の使用可能期間の全期間にわたり分割して経費として計上します。
減価償却の方法には、「定額法」と「定率法」とありますが、トータルで計算した場合、金額は同じになります。

ここまでで説明したように、太陽光発電投資であり、得た所得は確定申告を行う必要があります。
ただ、しっかりと知識を得れば、上手に節税を行えるかもしれません。

 

□まとめ

この記事では太陽光発電投資で得られた収入の種類についてご紹介しました。
事業所得や雑所得などの仕組みや経費とみなされるものを理解することで、節税を行えるようになります
ぜひこのような知識を得た上で、お得に太陽光発電投資を行ってみてください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。