鹿児島で太陽光発電投資!気になる経費は?

鹿児島で太陽光発電投資!気になる経費は?

2019-11-18

「太陽光発電投資を始めたいけれど、経費がよくわからない」
「太陽光発電投資をしようと思っているけれど、どこまでが経費に入るのかな」
そのようにお悩みの方はいませんか?
近年注目を集めてきている太陽光発電投資ですが、投資という言葉から複雑な印象を持っている方も多いのではないでしょうか。
実際、太陽光発電投資をする上で必要な経費の計算などにはいくつかのポイントがあります。
そこで今回の記事では、太陽光発電投資をする前に知っておきたい経費の話についてご紹介します。

 

□なぜ経費の計算が必要なの?

太陽光発電を用いて利益を上げる際に認可されている経費は、事業所得・雑所得にあてはまる必要経費です。
確定申告では、すべての収入額から必要な経費を引いた金額を所得の金額とします。
つまり、経費がどれくらいかかったによって所得の合計が変わるため、そこにかかる税金もまた変化します。
そのため、余分に税金を払わないためにも経費の正確な計算が必要です。

 

□太陽光発電投資をする上で認められる経費とは

まず初めに、経費とは利益を得るために必要なものであると認識することが大切です。

 

*定期的な点検の際にかかる費用

安全に太陽光発電を利用するためにかかる点検費用は、経費として扱われます。
法令で命じられた点検以外の任意で行う点検でも、同じように扱われます。

 

*太陽光発電が故障した際の修理費用

太陽光発電が壊れてしまった場合、それを修理するためにかかるお金も経費の一つです。
修理をせず放置すると発電ができず、利益につながりません。

 

*クリーニング代金

太陽光発電は大がかりな装置であり、業者に清掃を依頼するケースも少なくありません。
この際にかかる料金も、経費として計算されます。
中にはご自身で掃除をされる方もいます。
そのような場合では、水道代や洗剤代、掃除するための機械や用具代などが経費に含められます。

 

*各種の税金

上記のような実際に維持のためにかかるお金だけでなく、各種の税金も費用としてカウントされます。
例えば土地を購入すると不動産取得税がかかりますが、その税金は利益から外して考えられます。

 

□まとめ

今回の記事では、太陽光発電への投資を行う際に必要な諸経費の話についてご紹介しました。
太陽光発電を利用して正しく利益を上げるには、経費について理解しておくことが大切です。
現在まだ太陽光発電投資を始めていない方は、まずはどのような経費がかかるかシミュレーションすることがおすすめです。
当社では、プロのアドバイザーのもとで行う太陽光発電投資を鹿児島でも行っております。
ぜひお気軽にご相談ください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。