鹿児島で太陽光発電投資をしたい!デメリットってあるの?

鹿児島で太陽光発電投資をしたい!デメリットってあるの?

2019-11-06

「太陽光発電投資を行いたいけれど、デメリットが気になる」
「きちんとメリットやデメリットを確認してから投資するかどうか検討したい」
そのようにお悩みの方はいませんか?
将来金銭的に余裕を持って暮らしたい、子供にこれからかかる教育費を確保したい、そのような目的で投資を行う方は年々増えています。
そのような方におすすめなのが、太陽光発電投資です。
しかし、太陽光発電投資の人気が近年高まりつつある一方で、そのデメリットが気になって、なかなか投資に踏み切れない方は多くいます。
そこで今回の記事では、太陽光発電に投資をする上で確認しておきたいデメリットについて詳しくご紹介します。

 

□太陽光発電に投資をするデメリットとは?

*出力抑制される可能性がある

通常では電力の供給が多すぎた場合、火力での発電がまず抑制されます。
そのうえでさらに供給が過多になってしまった場合、電力会社が太陽光発電からの売電を抑えます。
しかし、今までこのような抑制措置が取られたことは一度しかありません。
基本的にはほとんど起こらない状況だと言えます。
さらに、抑制する売電は太陽光発電からのみではありません。
その他の再生可能エネルギーをもとに発電した電力とバランスを見て抑えられます。

 

*天気に左右されやすい

太陽光発電は、自然の力を利用した発電方法の一つであり、自然の影響を受けやすいです。
自然災害が起こる、夜間は発電できない、などの問題があります。
そのため、災害への対策として自然災害に対応している保険や売電補償に加入することがおすすめです。
また、最近のソーラーパネルは機能が高まり、太陽が沈む少し前まで発電できます。

 

*20年後問題

太陽光発電をする際、20年後の保証が終わった後のことを心配に思う方も多くいます。
確かに電力を売る時の固定買取などはなくなりますが、太陽光発電の需要がなくなるわけではありません。
太陽光発電が出だした当時から今まで、太陽光発電は発展し、様々な場所でさらに採用されています。
つまりこれは、それほど太陽光発電が求められているということでもあるのです。

 

□まとめ

今回の記事では、太陽光発電の投資へ踏み切る前に確認しておきたいデメリットについてご紹介しました。
太陽光発電への投資は利回りが高く、ローリスクで始めやすいと言われています。
将来のことを考えると、少しでも金銭的な余裕は持っておきたいですよね。
太陽光発電投資が気になっている方は、お近くの専門業者に相談することがおすすめです。
鹿児島で太陽光発電への投資をご検討されている方はいませんか?
当社では、太陽光アドバイザーが充実したサポートを行うため、安心して太陽光発電への投資を始めていただけます。
ぜひお気軽にご相談ください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。