詐欺に注意!太陽光発電投資での詐欺の手口とその対策をご紹介!

詐欺に注意!太陽光発電投資での詐欺の手口とその対策をご紹介!

2019-10-26

「太陽光発電投資を始めたけど、騙された」

「投資をする前に聞いた話と全然違う」

太陽光発電を始めた方の中では、このように騙されて資金を失ったという例も報告されています。

投資を始めようとお考えの方はこのような話を聞くと不安に感じると思います。

そこで今回は、太陽光発電投資で起きる詐欺の手口と詐欺に引っかからないための対策をご紹介します。

□詐欺の手口

詐欺グループはさまざまな手法を使って、お金を騙し取ろうとしてきます。

では、どのような手口を使って犯行を行うのでしょうか?

*収益の計算シミュレーションを詐称する

中でも騙されやすいのが収益のシミュレーションの詐称する手口です。

太陽光発電投資で得られる収益は、太陽光から得られる発電量によって決まります。

この発電量はソーラーパネルの大きさや光を取り込む角度、年間の日射量で決まります。

そして、販売会社は「あなたのソーラーパネルの大きさや設置場所では、年間にこれくらいの収益があるので、これくらいの利益が出ますよ」とシミュレーションをします。

販売会社はこのシミュレーション結果を用いて、年間にどれくらい利益が出るのかをお客様に説明します。

しかし、この数字が全くのデタラメで、実際に設置して投資を始めるとシミュレーション通りの利益が出ないというケースがあり、詐欺の一つと言えるでしょう。

販売会社は「あくまでシミュレーションですから」と対応をごまかしてお金は帰ってこないという手口です。

数字を見せられると、その信憑性を疑わず、信じてしまう方が多いのです。

*説明会で紹介した架空の投資案件を売りつける

説明会やセミナーで架空の太陽光発電投資案件を紹介し、その案件を参加者に売りつける手口です。

このような詐欺のセミナーでは、現実の投資案件よりとても魅力的な架空の案件を参加者に紹介します。

□詐欺に引っかからない対策とは?

*実績のある販売会社に依頼する

詐欺に合わないために、実績のある販売会社を選びましょう。

創業して間もない会社ではなく、数年以上の販売実績を持つ会社を選べば、多くの情報を持っているので、より信頼できます

*複数の専門家に相談し、相見積もりを行う

見積もりを依頼する際は、1社だけでなく、複数の会社に依頼しましょう。

他にも、魅力的な投資話があっても、そのタイミングで投資を決めてしまわず、他の専門家に相談し自分が納得してからお金を出しましょう。

□まとめ

今回は太陽光発電で起きる詐欺の手口と、詐欺に引っかからないための対策をご紹介しました。

太陽光発電投資で重要なのは、優良な販売会社を見極めることです。

複数の会社や専門家から話を聞き、慎重に決めるようにしましょう。

当社では、太陽光発電EPC専門施工販売会社として地域No.1の実績を持ち、品質に徹底してこだわり、妥協しない施工管理を行います。

また、太陽光アドバイザーがあなたの資産運用をサポートするため、安心して投資を始められます。

太陽光発電投資を始めようかお悩みの方はぜひお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。