宮崎県で太陽光発電をお考えの方へ!太陽光発電への投資のリスクを解説!

宮崎県で太陽光発電をお考えの方へ!太陽光発電への投資のリスクを解説!

2019-12-22

「太陽光発電に投資してみたいけど、分からない。」
「投資はやっぱりリスクが大きいのかな。」
「先にリスクについてしっかりと知っておきたい。」

皆さん、太陽光発電への投資を考えたことはありますか。
リスクが大きいから怖い、とお考えの方もいるかもしれません。
そこで今回は、宮崎県で太陽光発電をお考えの方へ、太陽光発電のリスクを解説します。

□太陽光発電のリスクとその対策

*天候

太陽光発電は自然エネルギーを利用した発電方法です。
そのため、曇りの日や雨の日は電力があまり生産されません。
一日単位で計算すると赤字に見えますが、一年単位で計算すると、そんなに大きな誤差は毎年生まれません。
長い目で見ることが大切です。
しかし、より深刻なのが災害です。
日本は災害大国と呼ばれ、台風や地震など、故障の原因となります。
積雪に関しては、地域によっては一定の期間、発電に支障がかかるかもしれません。
そのため、定期的なメンテナンスを行ってくれる業者を選びましょう。

*雑草

見落とされがちですが、雑草は太陽光発電において深刻な問題です。
太陽光パネルを覆ってしまい、発電が出来ません。
それだけでなく、配線側に回り込むと、ショートする原因となります。
もし住宅の状況として、当てはまる方がいる場合は予め業者に相談するか、除草剤の用意をしましょう。

*初期不良

可能性としては低いですが、パネルの設置不備や、配線ミスが考えられます。
業者によっては、まだシステム内容の把握などがしきれていない場合もあります。
その違いを見極めるために、これまでの実績や創業年を確認しましょう。
太陽光発電事業はすぐに、安定したシステムを提供出来るわけではないので、創業した年も1つの指標になります。

*パネルの汚れ

鳥の糞や、花粉や砂は太陽光パネルに付着します。
太陽光パネルは、毎日触れ合うものではないので、鳥の糞が張り付いてしまったとき、パネルの熱を閉じ込め、発火の原因となります。
自分で洗浄する場合は、パネルを傷つけてしまわないよう、適切な方法を調べるか、メンテナンスサービスを行っている業者に連絡をしましょう。

□まとめ

今回は、宮崎県で太陽光発電をお考えの方へ、太陽光発電のリスクを解説しました。
投資にリスクがあるのは、当然のことです。
しかし、きっちりと理解した上で投資することでこれからの豊かな生活に繋がります。
太陽光発電について興味のある方、何かお困りごとのある方は、1度当社へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。