宮崎・鹿児島の専門家が解説!太陽光発電の投資にかかるランニングコストとは?

宮崎・鹿児島の専門家が解説!太陽光発電の投資にかかるランニングコストとは?

2019-06-18

「太陽光発電への投資を考えているけど、ランニングコストはどのくらいかかるの?」

「太陽光発電のランニングコストの内訳を知りたい」

このように、太陽光発電への投資を考えていて、ランニングコストについて知りたいが多くいらっしゃると思います。

しかし、具体的にランニングコストはどのような内訳で構成されるか知らないですよね。

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電にかかるランニングコストの内訳について詳しく解説します。

パワーコンディショナ

電気代

パワーコンディショナには、月額数百円ですが別途電気代が必要です。

電気代はパワーコンディショナのメーカーや台数によって異なるので注意しましょう。

交換費用

太陽光発電のランニングコストで大部分の費用を要するのが、パワーコンディショナの交換費用です。

ソーラーパネルは可動部分が少ない上に、半導体なので滅多に破損することはありません。

しかし、パワーコンディショナは電気機器を組み合わせており、寿命が短いです。

そのため、設置から約10年経つと、パワーコンディショナが壊れることは珍しくありません。

交換費用は、住宅用で1回あたり数十万の費用が必要です。

一方で、将来的にコストが低くなる見方もあります。

点検費用

住宅用の太陽光発電設備の点検は法定義務がありませんが、4年に1回程度の定期点検をおすすめします。

1回の点検費用の相場は約数万円です。

清掃費用

パネルは自然に汚れることが多いですが、雨風で汚れが落ちることが多いです。

しかし、乾くと汚れが落ちないものは自然洗浄では落ちません。

そのため、定期的に清掃を依頼することをおすすめします。

清掃費用は規模や設置場所にもよりますが、数万円程度必要です。

また、拭き取りや高圧洗浄といった清掃方法によっても費用は変わるので注意しましょう。

メーカー保証

太陽光発電メーカーでは手厚い保証サービスをつけていることが多いです。

一方で、メーカー保証の適用外のトラブルが発生することがよくあります。

そのため、任意保険の加入をおすすめします。

任意保険では、天候や災害、盗難といった損害費用を補償してくれるものが多いです。

まとめ

今回は、鹿児島の専門家が太陽光発電にかかるランニングコストの内訳について詳しく解説しました。

太陽光発電への投資を考える上で、ランニングコストの内訳を知っておく必要があります。

当社では、太陽光発電に関するご相談を随時受け付けています。

太陽光の専門家が、資産運用についてのサポートを真摯に行います。

ぜひ一度、当社まで気軽にお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。