宮崎にお住まいの方必見|太陽光発電投資におけるトラブルについて徹底解説!

宮崎にお住まいの方必見|太陽光発電投資におけるトラブルについて徹底解説!

2020-01-10

「太陽光発電投資におけるトラブルには何があるのだろう」
「トラブルの原因を知りたい」
「トラブルを回避するための方法が分からない」
このように考えている方はいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、トラブルの原因や回避法について知る機会はなかなかないですよね。
そこで、今回は太陽光発電投資におけるトラブルについて詳しくご紹介します。

□太陽光発電投資におけるトラブル

*経年劣化によるトラブル

太陽光発電システムは電化製品であるため、もちろん経年劣化します。
経年劣化した家電による不具合や火災事例を聞いたことはありませんか。
同様に、太陽光発電システムも経年劣化すると、発電量の低下や配線ミスによる火災といったトラブルを引き起こす可能性があります。
太陽光発電システムによる火災の恐ろしい点はそれだけではありません。
例えば、工場の屋根に設置した太陽光発電システムから火災が起きると、破損したソーラーパネルやケーブルに消火活動によって水がかかり、そこから消防士や周りにいる方達が感電するといったトラブルも発生します。
また、太陽光発電システムの中でもパワーコンディショナーの経年劣化には注意が必要です。
パワーコンディショナーは屋外によく設置されます。
そのため、フィルターの目詰まりや雨水といった外的影響を受けやすいです。
したがって、メンテナンスを怠っていると、すぐに経年劣化し発電不良や動作停止といったトラブルを引き起こす可能性が高まります。
こういったトラブルを避けるために、定期的にメンテナンス作業は行うようにしましょう。

*近隣の方とのトラブル

ソーラーパネルからの反射光が近隣の家に当たり、近隣住民とのトラブルが発生することがあります。
これは、一般的な住宅の場合、設置可能な角度や向きに制限があるため起きてしまうトラブルです。
発電量を増加させることだけを考え、近隣住民の方への配慮を怠ってしまうと問題が大きくなり、裁判にまで発展することがあります。
反射した光はどこに当たるのかを計算し、近隣住民の方へ迷惑が掛からないように設計していくことでこのトラブルは回避していきましょう。

□回避不可能や被害への対策

天災や野生の動物が引き起こすトラブルは回避できませんよね。
例えば、設備が台風で破損したり、津波で流されたりといったトラブルがあります。
また、野生の動物が設備に衝突して機器が破損したり、ケーブルを食いちぎられたりするトラブルも過去の事例としてありました。
こういった回避できないトラブルについては自然災害による損害を保証してくれる保険に加入するなどして対策しておきましょう。

□まとめ

今回は、太陽光発電投資におけるトラブルについて詳しくご紹介しました。
トラブルを避けるために何をしたら良いのか分かって頂けたのではないでしょうか。
また、今回の記事を読んで何か不明点があれば、まずはお近くの専門業者に相談することがおすすめです。
当社では、太陽光アドバイザーが手厚くサポートするため、安心して太陽光発電への投資を始めていただけます。
宮崎にお住まいで太陽光発電投資を検討中の方はぜひお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。