太陽光発電投資をお考えの方必見!よくある失敗例とは

太陽光発電投資をお考えの方必見!よくある失敗例とは

2019-10-14

「太陽光発電投資がおすすめであるということを耳にしたけれど、投資をするからにはできるだけ失敗したくない。」

「投資に失敗しないためにも、よくある失敗例を前もって知っておきたい。」

こういった思いをお持ちの方もたくさんいらっしゃると思います。

太陽光発電投資は決して安くない投資なので、こういった不安な気持ちは誰にでもありますよね。

だからこそ、よくある失敗を学び回避することが大切です。

そこで今回は、現在太陽光発電投資を検討中の方に、よくある失敗例を紹介します。

□詐欺被害にあう

太陽光発電の投資で詐欺にあってしまうのは、大きく2つのケースに分けられます。

1つ目が、実際に案件は存在していても、契約金を支払った時点で業者が計画倒産をして、消息不明になるケースです。

もう1つが、案件自体が存在せずに、架空の案件に契約させ、契約金をだまし取るケースです。

どちらとも、訴訟を起こしたとしても勝訴することが難しいという特徴があります。

こういった失敗をしないために直接、業者の担当者に会ってみることや、太陽光発電を設置する場所に実際に行ってみることが大切です。

□施工業者を選ぶ際の失敗

業者を選ぶことは、太陽光発電投資を行う際の最も大事なポイントの1つです。

悪質な業者に騙され詐欺被害にあわないことだけでなく、信頼できる業者に依頼する必要があります。

例えば、太陽光発電の価格を安めに設定して、それを強みにしている業者が、設置後のアフターフォローがないことがあります。

問題が起きても対応が遅かったり、対応してもらえなかったりすることもあります。

他にも、営業をしてきた担当者が皆さんにとって嬉しい提案をしてきたとしても、実際にどれくらいのメリットがあるのか数値でしっかりと示して貰えない場合は注意が必要です。

こういった失敗をしないためにも、ホームページで過去の施工実績を調べたり、口コミで業者の評判を見たりするなど、皆さん自身でその業者が信頼できるかどうかを判断してください。

□設置場所の失敗

太陽光発電は、そのパネルや業者だけでなく、それを設置する場所にも注意を払う必要があります。

土地をしっかりと確認せずに購入して、その後近隣地に高い建物が建ち発電量が落ちてしまうという失敗もあります。

□まとめ

今回は、太陽光発電投資でよくある失敗例に関して紹介しました。

せっかく投資を行うのであれば、しっかりと利益が出るようにしたいですよね。

個人では分からないことが多いと思いますが、信頼できる専門家に相談することで解説できることもあると思います。

気になる方は是非一度問い合わせてみてください!

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。