太陽光発電へ投資をお考えの方へ!物件の選び方を紹介!

太陽光発電へ投資をお考えの方へ!物件の選び方を紹介!

2019-12-18

「太陽光発電って最近皆よく設置しているよね。」
「太陽光発電ってどういう物件だと発電量が高いのかな。」

太陽光発電を設置しようか考えたことはありませんか。
太陽光発電に対する知識の不足のため、会社との行き違いになったり、自分にとって不利益になったりする場合もあります。
そこで今回は、太陽光発電への投資をお考えの方へ、失敗しない物件の選び方を紹介します。

□失敗の原因

失敗の原因として、取り付けの際の施工ミスやメンテナンスミスが考えられます。
他にも、台風や地震などの災害や部品の破損による太陽光発電機の故障が挙げられます。
いざ運用してみないと、メンテナンス費用もいくらかかるのか分かりません。
そのために、長期力や安定感だけでなく、技術力やサポートシステムといった、満足なサービスを得られる取引先選びをしましょう。

□取引先選びについて

*サイトのチェック

信頼できるかどうかの基準として、管理会社の事前情報を手に入れましょう。
チェックするべきものとして、設立年度や実績、取引している企業などが挙げられます。
また、他にも太陽光発電以外の事業も展開している会社は、倒産しづらい会社の一つの目安になります。

*既に施行されている物件を確認する

太陽光発電の設備は年月が経つにつれて、基礎工事や架台設置の丁寧さ、メンテナンスサービスの手厚さが見た目に大きく現れます。
まだ長期利用していない太陽光発電でも、技術が未熟な会社が施行したものであれば、利回り以前に運用できない状態のものもあります。

*雑草対策

意識したことがないかもしれませんが、雑草がパネルを覆うことによる発電量の減少リスクがあります
もし、雑草によって設備が故障した場合、雑草の処理よりはるかに損害がかかってしまいます。
できれば雑草が多く生い茂る夏に、雑草をどう対策しているのか、こっそり偵察してみるのも良いかも知れません。

*同じ基準で比較する

太陽光発電の利回り計算の方法はどの会社も統一されているわけではありません。
発電量だけをとっても、資料作成の段階で誤差が発生します。
これだと、何が正しいのか分かりませんよね。
いくつかの取引先を比較して、その上で決定することが一番効率が良いと言えます。

□まとめ

今回は、太陽光発電へ投資をお考えの方へ、物件の選び方を紹介しました。
太陽光発電投資は低リスクで、大きなリターンが見込める魅力的な投資です。
これからの楽しい家づくりのために、もし太陽光発電を取り入れたいときは、1度当社を訪れてみてはいかがでしょうか。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。