太陽光発電への投資をお考えの方へ!きっと得をする減税の仕組みを解説!

太陽光発電への投資をお考えの方へ!きっと得をする減税の仕組みを解説!

2019-12-14

「太陽光発電って利益はあるのかな。」
「結局、税金とかで損してしまいそう。」
「減税って聞いたことがあるけど、どういうシステムなのだろう。」

太陽光発電は利益を得るためのメリットがたくさんあります。
しかし、何も知らないまま契約してしまうと、ムダなお金を取られてしまうことがあります。
そこで今回は、太陽光発電への投資をお考えの方へ、減税の仕組みを解説します。

□太陽光発電の節税制度

*グリーン投資減税制度

グリーン投資減税を利用した場合、減税をするためには2種類の方法があります。
しかし、どちらか片方のみを選択をすることになります。
1つ目は、普通償却に加えてさらに取得価格の30%相当額を特別償却できるものです。
もう1つは、中小企業等に限定されますが、取得価格の7%を税額控除できるというものです。
前者の場合は、税額控除ではなく所得控除であることや、減価償却を「増やす」訳ではなく、「早めている」だけなので、翌年以降の所得税や法人税の納付額が増えてしまう可能性が考えられます。
取得価格の7%ということは、仮に1000万円の住宅用太陽光発電に投資をした場合は、70万円の節税効果となります。
この2つのメリットを比較した場合、単年度だけであれば特別償却、翌年度以降の長期間を考えれば7%の税額控除を受ける方が良いといえるでしょう。

*生産性向上設備投資促進税制

グリーン投資減税は、太陽光発電と風力発電が対象ですので比較的分かりやすいですが、この生産性向上設備投資促進税制という制度は、太陽光発電以外の機械装置や器具備品も対象としております。
この生産性向上設備投資促進税制における制度で得られるメリットとしては、減価償却の即時償却(100%償却)と、取得価格の5%の税額控除の2つが挙げられます。
生産性向上設備投資促進税制は、グリーン投資減税を代替した制度という側面もあるようです。
そのため、両方の制度を利用する条件が整っていても、両方を適用するということはできませんので、注意してください。

□まとめ

今回は、太陽光発電への投資をお考えの方へ、減税の仕組みを解説しました。
これらの条件を適用するためには、対象となるための条件が必要となります。
確認した上で、活用してくださいね。
保険だけでなく、太陽光発電についてもっと詳しく知りたい、これからの生活づくりに役立てたい、という方は、この機会に1度、当社へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。