太陽光発電はお得?太陽光発電投資のメリットをご紹介!

太陽光発電はお得?太陽光発電投資のメリットをご紹介!

2019-11-01

「太陽光発電投資って儲かるの?」

「太陽光発電で投資を行うメリットを知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

株式投資や不動産投資など、この世の中にはさまざまな投資手段があります。

その投資手段の1つとして、太陽光発電投資があります。

太陽光発電投資には、他の投資にはない多くのメリットがあります。

しかし、そのメリットについて詳しい人は少ないと思います。

そこで今回は、太陽光発電投資のメリットについてご紹介します。

□太陽光発電投資のメリット

*利回りが高い

太陽光発電投資の1番の特徴は利回りの高さです。

利回りとは、投資したお金(元本)に対する利益の割合のことを言います。

太陽光発電投資では、この利回りが10%を超えることも珍しくありません。

銀行預金の利率が約0.010%、株式投資の利回りが平均2%だと考えると、とても高いことがわかると思います。

例えば、ランニングコストやメンテナンス費用を含めた2000万円を初期投資すると、1年で200万円を回収できます。

つまり、10年設置することで投資したお金を回収でき、そこから先は全て利益として計上されます。

*安定した利益が見込める

太陽光発電投資のもう1つのメリットは、安定した利益が見込めることです。

なぜ安定して利益を見込めるかというと、電力の価格が国によって固定されているからです。

2012年に再生可能エネルギーの普及を目的として、固定価格買取制度(FIT制度)が国によって定められました。

これは電力会社の調査を受け売買契約を交わすことで、20年間は同じ値段で電力を売却できる制度です。

つまり、この制度によって、太陽光で発電した電気は20年間同じ価格で買い取ることを国は約束しています。

*節税制度がある

太陽光発電投資で利用できる税制が2つあります。

その1つが中小企業経営強化税制で、2019年末までこの制度を利用できます。

この制度を使うと、即時償却ができ、費用の100%を経費に計上できます。

また、7%の税額控除も受けられます。

個人事業主や資本金3000万円以下の法人の場合、税額控除が10%まで優遇されます。

もう1つは生産性向上特別措置法です。

この制度によって、中小企業が市町村の認定を受けた場合、固定資産税が最大で3年間0円になります。

□まとめ

今回は太陽光発電投資のメリットについてご紹介しました。

太陽光発電投資は設置する場所の日射量に依存しますが、利回りの高さや国からのさまざまな補償や支援制度があり、とても魅力的な投資手段だと言えます。

当社では、太陽光発電EPC専門施工販売会社として地域No.1の実績を持ち、品質に徹底してこだわり、妥協しない施工管理を行います。

また、太陽光アドバイザーがあなたの資産運用をサポートするため、安心して投資を始められます。

太陽光発電投資を始めようかお悩みの方はぜひお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。