太陽光発電の投資をしたい方必見!融資について解説します!

太陽光発電の投資をしたい方必見!融資について解説します!

2019-09-14

太陽光発電の投資を考えている、サラリーマンや個人事業主の方は、たくさんいるのではないでしょうか?
投資を成功させて、安定した収入を得たいですよね。
そんな太陽光発電の投資ですが、始めるためには、まとまったお金が必要です。
そして、そのお金を金融機関の融資で賄いたい(まかないたい)と考えている方もいると思います。
そこで今回は、太陽光発電の投資における、融資のポイントについて解説していきます。

□金融機関の特徴

*銀行

特徴として、金利が低いことが挙げられます。
「融資を受けやすいのは、メガバンクか地方銀行、どっちなの?」という質問がよくありますが、個人が太陽光発電の投資をする場合、地方銀行の方が融資を受けやすいです。
メガバンクは、法人の場合は、融資をしてくれる可能性が高いですが、個人の場合は、消極的な傾向があります。
ぜひ、融資を受ける際は、メガバンクだけではなく、地方銀行も検討して下さいね。

*政策金融公庫

金利が低く、融資の限度額が高いことが魅力です。
しかし、審査には時間がかかってしまい、また、担保を持っていないと、そもそも審査に通らない可能性があります。
政策金融公庫は、担保を重要視していることを覚えておきましょう。

*信販会社

金利は少し高くなってしまいますが、審査のしやすさが魅力です。
契約書さえあれば、審査を行ってくれます。
また、審査は素早くしてくれるので、時間もかかりません。
銀行や政策金融公庫の審査に落ちてしまった方でも、信販会社なら融資を受けられることが多いので、ぜひ検討して下さい。

□金融機関の選び方

それぞれの金融機関の特徴を上記で解説しましたが、「結局、どの金融機関に融資をしてもらったら、良いの?」と迷っている方もいると思います。

しかし、これに正解はありません。
自分に合った金融機関を選ぶことが大事です。
例えば、手続きの手間がかかってしまい、審査に通ることは難しいですが、金利が低いことを優先したい方は、銀行や政策金融公庫から融資を受けるべきです。
一方で、金利は少し高くなってしまいますが、審査のしやすさや通りやすさを重視したいのなら、信販会社をおすすめします。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合った選択をして下さいね。

□まとめ

ここまで、太陽光発電の投資における、融資のポイントについて解説しました。
それぞれの金融機関に特徴があることがわかって頂けたと思います。
ぜひ、自分に合った金融機関を選んで、太陽光発電の投資を始めて下さいね。
もし、始めたい方がいらっしゃれば、当社まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。