太陽光発電で投資?鹿児島の方に太陽光発電と自然災害について解説

太陽光発電で投資?鹿児島の方に太陽光発電と自然災害について解説

2020-02-10

「自然災害によって太陽光発電が影響を受けた時の対策方法について知りたい。」
「自然災害を受けた時に太陽光発電のリスクを知りたい。」
太陽光発電投資を検討中の方で、自然災害による影響やリスクについて気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
危険も伴うので、しっかりと対策方法も知っておく必要があります。
そこで今回は、自然災害によって太陽光発電が影響を受けた時のリスクや対策方法について詳しく解説します。

 

□自然災害による影響

今回は、台風に絞って解説します。

*太陽光発電パネル自体が故障してしまう場合がある

台風による大きな被害として、パネルが壊れてしまうことが挙げられます。
強風によってパネルが吹き飛ばされてしまったり、雨によって調子が悪くなってしまったりします。

*架台が故障する可能性がある

台風によって、架台が曲がってしまったり、折れたりすることも多いです。
架台が故障してしまうと、効率的に発電できなくなってしまいます。

*電気系統の故障

台風の影響として、強風や大雨の被害をイメージする方は多いです。
しかし、冠水による被害も頭に入れておく必要があります。
冠水によって、電気系統が故障してしまう場合もあることは知っておきましょう。

 

□自然災害の対策方法

台風によって太陽光発電パネルが受ける影響について解説しました。
これらの被害を防ぐために何をすべきか知りたい方も多くいらっしゃると思います。
そこで、台風による対策方法について解説します。

*保険に加入しておく

台風が来ることが予想される場合、保険に入っているかしっかりと確認しておきましょう。

*故障した場合は業者に見てもらう

台風によって被害を受けてしまった場合は、自分で見て直そうとせず、業者に依頼することをおすすめします。
故障した太陽光発電パネルには、どのような危険性があるかわからないからです。

 

□まとめ

今回は、自然災害によって太陽光発電が影響を受けた時のリスクや対策方法について詳しく解説しました。
あらかじめどのような影響を受けるのか知り、しっかりと対策しておくことが重要です。
太陽光発電投資を検討している方で、自然災害時のリスクや対策方法について気になっている方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社は、宮崎や鹿児島を中心に活動しており、太陽光発電を中心とした再生可能な持続可能で安全なエネルギー社会実現のために日々努めています。
何かわからないことや相談があれば、お気軽にご相談ください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。