太陽光投資のメリットとデメリットを解説します。

太陽光投資のメリットとデメリットを解説します。

2019-10-10

「太陽光投資をするか検討中なので、詳しくそのメリットやデメリットに関して知りたい。」

このように考えている方は、たくさんいらっしゃると思います。

最近では以前よりも普及してきて一般的になっている太陽光投資ですが、どういった点にメリットがあり、気を付けておくべきデメリットはどういう点なのかということを理解することはとても大切です。

そこで今回は、太陽光投資を検討中の方に、そのメリットとデメリットに関して解説します。

□メリット

*投資の利回りが高い

一般的に太陽光投資の利回りは10%前後と言われており、投資から10年程度でその初期費用を回収できて、その後は全て収益になります。

また、日照時間が長い場所に設置したり、初期費用を抑えたりすることで、利回りを更に高くできます。

*リスクが低い

利回りが高いと言っても、台風をはじめとした災害で故障する危険性があって不安と感じる方もいらっしゃると思います。

こういったことも保険や設置を依頼した業者のアフターフォローでカバーできることがほとんどです。

また、不動産投資の空室のリスクと比較すると、天気さえよければ収益が上がる太陽光投資は安定した見通しを立てられます。

*土地が無くてもいい

土地を持っていない、もしくは購入を検討中であるが、どういった点が太陽光投資に適切なのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

太陽光投資は土地を含めて購入できる分譲太陽光発電所が販売されているため、現在土地を持っていないという方でも投資できます。

□デメリット

*天候の悪いときは発電量が落ちる

太陽光発電は太陽の光さえ当たっていれば発電できますが、日照時間の短い時期にはその発電量が減ります。

しかし、その分夏にはたくさん発電できます。

過積載をすることで、日照時間が短い時期でも発電量を増やせるでしょう。

*設備の交換が必要

一般的に太陽光発電システムの寿命は20~30年と言われており、交換時期になると新しい設備に購入しなおす必要があります。

しかし、これも利回りが10%前後ということから、初期費用は10年程度で回収できるので、20年以上経ってからの交換をマイナスと捉える必要はありません。

□まとめ

様々な投資方法があり、それぞれにメリットやデメリットは存在します。

重要なことは皆さんにとってぴったりの投資方法を選択することです。

選択肢のひとつに太陽光投資があるという方は、是非一度専門家に相談してみてください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。