太陽光投資がしたい|知っておきたい融資のこと

太陽光投資がしたい|知っておきたい融資のこと

2019-10-12

現在、太陽光投資を考えているサラリーマンや個人事業主の方は多いのではないでしょうか。

資産を運用したいと思っていてもなかなか今まで投資をしてこなかったという方にとっては、利回りが比較的高いと言われる太陽光投資は魅力的ですよね。

太陽光投資を始めるためにはまず初期費用を支払うためのまとまったお金が必要です。

そして、その費用を金融機関の融資で賄いたい(まかないたい)と考えている方も多いと思います。

そこで今回は、太陽光投資で融資を申請する金融機関の特徴に関して解説します。

□銀行

銀行はその他の金融機関と比較して金利が低めに設定されており、太陽光発電のシステムのような高額の初期費用を必要とする投資でも、合計の返済額が抑えられるという特徴があります。

また、メガバンクや皆さんがお住まいの地方銀行など融資を依頼する銀行の選択肢はいくつかあります。

有名なメガバンクの方がいいということではありません。

メガバンクは個人への融資に関して積極的でない傾向があります。

その他にも、取り扱いエリアがあることも注意が必要です。

一部の銀行は融資の相談ができない可能性があります。

太陽光発電のシステムを設置する場所と銀行の支店がある場所の位置関係によっては融資が受けられないこともあります。

融資の相談をするのであれば、自宅に近いということだけでなく、投資する予定の土地からも近い銀行に相談しましょう。

□信用金庫

信用金庫とは、会員制度による地域金融機関のことです。

営業エリア内に住んでいる、働いている、事業所がある人が会員になる資格を有しています。

金利は比較的に高めに設定されていることが多いです。

個人に対する融資を受け付けていることが多いので、地方銀行で融資を受けたいと考えている方は、一度相談してみてもいいでしょう。

□信販会社

金利は少し高くなりますが、審査のしやすさが魅力です。

契約書があれば、審査を行ってくれます。

また、審査は素早くしてくれるので、時間もかかりません。

銀行や政策金融金公庫の審査に落ちた方でも、信販会社では融資を受けられることが多いので、ぜひ検討して下さい。

□まとめ

融資を受け付けてくれる可能性のある金融機関は様々です。

どこに依頼するかを迷う方も多いと思います。

結局どこを選ぶといいという正解の答えはなく、皆さんに合った金融機関を選択することが大切です。

こういった金融機関の情報に関しての情報も、太陽光発電システムを販売する業者に合わせて相談できます。

投資の相談も兼ねて一度、問い合わせてみることをおすすめします!

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。