何が原因?太陽光発電投資で失敗する原因とその対策を解説!

何が原因?太陽光発電投資で失敗する原因とその対策を解説!

2019-10-24

「太陽光発電に投資したいけど、失敗しないだろうか?」

「太陽光発電の投資での失敗例を知りたい」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

お金を出して投資したのに、利益が出ない、投資額以下のお金しか創出できない、といったケースを聞くこともあるかと思います。

では、なぜ太陽光発電の投資は失敗するのでしょうか?

今回は、失敗する原因や失敗しないための対策をご紹介します。

□太陽光発電の投資の失敗の原因

太陽光発電の投資で失敗する場合、どのようなことが原因なのでしょうか?

*相場と異なる価格で投資を始めた

太陽光発電投資についてあまり調べず、販売会社に説明された値段で投資を始めた方は失敗する可能性があります。

相見積もりをとらなかったり、相場を知らなかったりする場合は、事前に適正な価格を調べておくことをおすすめします。

投資をすすめてくる会社が悪徳業者の可能性もあるので、投資して良いかどうかの判断は自分でできるように対策しましょう。

*シミュレーション通りの利益が出ない

投資を始める前に、きちんと利益が出るか、投資した費用を回収できるかといったシミュレーションを行います。

太陽光発電投資は20~30年間といった長期間に渡って行われます。

そのため、日射量が減少したり、メンテナンス費用が予想より多くなったりと、途中でシミュレーション通りにいかない場合もあります。

他にも、販売会社に言われていたほど発電量が多くないといったケースもあるようです。

このような悪徳業者も世の中には存在します。

対策としては、初期費用や年間利益を考慮し、シミュレーションと現実がかけ離れていないかを確認しましょう。

*メンテナンス費用によって利益が上がらない

太陽光発電について、法律の改定によって、保守点検や維持管理が義務化されました。

設計の不備やメンテナンスの不十分さが原因となるトラブルが多かったためです。

太陽光発電投資に失敗した例の中には、架台が劣化したケースや雨によって故障したケースなどがあります。

他にも、地盤が傾いたことが原因で最適な角度が維持できず、利益が減少したケースもあります。

このように、メンテナンス管理が不十分で損をしてしまうことがあります。

大きな損失になる前に、定期的にメンテナンスを行うことで対策しておきましょう。

□まとめ

今回は、失敗する原因や失敗しないための対策をご紹介しました。

太陽光発電投資では、優良な販売会社を見極めることがとても重要です。

シミュレーションやメンテナンスがきちんとしている、設備トラブルが発生した時の対応がしっかり決められているなど、優良な販売会社を投資前に見極めましょう。

当社では、太陽光発電EPC専門施工販売会社として地域No.1の実績を持ち、品質に徹底してこだわり、妥協しない施工管理を行います。

また、太陽光アドバイザーがあなたの資産運用をサポートするため、安心して投資を始められます。

太陽光発電投資を始めようかお悩みの方はぜひお問い合わせください。

セイワ

固定価格買取制度により20年間の安定した収入を確保できる太陽光発電投資。はじめてでも時間も手間もかからず、個人投資家に最適なローリスク・ミドルリターンの資産運用が魅力です。

太陽光発電投資についてのご質問や投資物件情報など気になることがございましたらお気軽にご相談ください。